menu
誰にもバレずにキレイな歯並び!丸の内の矯正歯科ガイド » 歯列矯正で知っておきたい基本情報 » 歯科医師に矯正治療Q&A【神保先生編】

歯科医師に矯正治療Q&A【神保先生編】

インタビューに答えてくれたのはこの先生

神保先生

おしむら歯科 神保先生

  • 経歴 愛知学院大学
  • 資格 歯科医師免許
  • 当法人は、お子様からお年寄りまですべとの方が一生涯通って頂け、かつそれぞれの医師が専門性の高い総合歯科である事が大切だと考えています。

Q:歯科矯正はどういう方におすすめですか?

コメントしてる神保先生

見た目を気にされている方はもちろん、歯並びが悪くて食事を取りにくいという方は、矯正することで大きく改善が見込めるかと思いますね。顎が極端に前に出てしまっているとか、しゃくれの方も矯正の対象になります。

歯並びが悪いと歯磨きが行き届きにくいという問題もあります。磨けないところに虫歯や歯周病が出来やすくなってしまうので、矯正で歯並びを整えてあげることで日々のメンテナンスを楽にすることも出来ますね。

矯正を受ける方の実際のニーズとしては見た目の問題が多いのではないでしょうか。患者さんの中では歯並びのガタつきが気になって心から笑顔になれないという声もよく聞きます。歯並びが整う事で、気にせず笑顔になれるので、歯科矯正には写真うつりを良くする効果もありますよね。

Q:矯正治療は何歳から受けられるものでしょうか?

コメントしてる神保先生

私の歯科医院では小さいと5〜6歳から矯正治療を始めています。患者さんの状態にもよりますが、歯科矯正は子供の時から始めた方が理想です。顎や歯型の成長段階から矯正を始めると大人になってからの大きな矯正が不要になったり、大人になってしまうと難しい調整もしやすかったり、大人になって改めて矯正をしたいと思っても部分治療だけで済むことが多いなどのメリットがあるからです。

ただ矯正を始めるベストなタイミングは歯科医の考えによっても様々ですので、カウンセリングの時にしっかり話し合って双方で納得してから始めるのが良いかと思います。

Q:矯正治療にはデメリット、リスクもあるのでしょうか。

コメントしてる神保先生

ワイヤー矯正とマウスピース矯正でそれぞれデメリットも異なります。ワイヤー矯正の場合はまず矯正をしていることが周りにバレやすいです。さらに一番のデメリットは痛みが伴うことだと思います。痛みに関してはマウスピース矯正の方が圧倒的に少ないですね。

マウスピース矯正は2-3ヶ月に1回の通院回数で問題ありませんが、ワイヤー矯正は月に1回ワイヤーの交換が必要になります。このワイヤー交換の後夜になると痛くなったり、歯のかみ合わせがつらくなる期間があるんですよね。通常は痛みどめで痛みを抑えつつ、1週間くらいで徐々に気にならなくはなってきます。

矯正治療としてのデメリットは、大人の歯並び矯正の場合自費診療になることが多く、治療費も高額であることですかね。一般的にはワイヤー矯正よりもマウスピース矯正の方が更に10万円ほど高額になります。

治療期間も半年から数年単位と長期間の治療です。そういう意味でも相性の合うクリニックや歯科医の先生の見極めはとても大事ではないかと思います。

Q:歯科矯正の種類と選び方について教えてください。

コメントしてる神保先生

歯科矯正には、主にワイヤー矯正とマウスピース矯正の2種類があります。ワイヤー矯正はブラケットと呼ばれる金属製の装置を歯に取り付け、ワイヤーでくくることで矯正する昔からある方法。マウスピース矯正は2週間おきに少しずつ位置のずらしたマウスピースを付け変えていき、徐々に歯並びを整えていく方法です。周りにバレにくい矯正として最近人気が出ていますね。

ただ、マウスピース矯正は患者さんの自己管理がとても重要になります。決まった時間にマウスピースを付けたり、適切な扱いが出来ない方にはマウスピース矯正を勧めることができません。そのまま放置してしまうとマウスピースの形が合わなくなってしまうこともあります。また、かみ合わせが極端に悪い人や歯型のガタガタがかなり酷くなってしまっている場合ではマウスピース矯正ができない方もいらっしゃるので、注意しましょう。

ワイヤー矯正の方が次回の受診までご自身の歯に付けっぱなしの状態になりますので、毎日の付け外しが億劫な人はワイヤー矯正がオススメですね。ワイヤー矯正であれば確実に治療計画通りに矯正を勧めることができます。

Q:矯正治療をする上で良いクリニックを選ぶポイントがあれば教えてください。

コメントしてる神保先生

矯正歯科選びの際は、例えばWeb上にある口コミをある程度あてにしても良いのですが、全てをうのみにしないことです。実際に自分でクリニックへ行き、信頼おける歯科医かどうかを自分で確認することが大事ですよね。安い治療ではないので。自分が通いやすい範囲にあるいくつかの歯科医院を探して、実際にカウンセリングを受けると良いと思います。

他にもご自身のビフォーアフターの状態をイメージするために、歯科医の先生が過去に実際に手がけた症例を見せてもらい、今の自分の歯並びに近い患者が治療でどう改善していったかを確認する方法もあります。

最終的には担当する歯科医とのコミュニケーションがとても大切だと思います。歯科矯正をやっていて感じるのは、患者さんは治療の途中経過で一時的に悪くなった歯並びを意外と気にしてしまうんですよね。そういった治療前や治療中の不安や疑問をしっかり先生に相談ができ、丁寧に説明をもらうことは大事です。不安なことは事前に先生へ確認していきましょう。

Q:矯正後のアフターケアについて、効果を長持ちさせるために注意することはありますか?

コメントしてる神保先生

矯正した歯並びが戻らないように、とにかく治療後も先生の指示にしっかり従いましょう。寝る時のマウスピースをしたり、定期チェックを守るなど、治療後であってもまだまだ必要なことはあります。

例えば歯並びを固定する装置を、使用時間をきっちり守りながら、スケジュール通りに装着する必要があります。実際には守れている人もいれば守れていない人もいて、せっかく矯正治療が終わって歯並びが整ったのに、アフターケアを怠ることで元に戻ってきてしまう方もいます。

基本的に歯並びが整った後も自己判断で装置を外してしまったり、受診するのをやめたりしないで、歯科医の指示に従い、綺麗な歯並びを保つようにしていきましょう。

駅チカで評判も良い!吉祥寺のおすすめ矯正歯科をチェック

費用的に通いやすい
マウスピース矯正を行っている

丸の内矯正歯科医院3
丸の内永楽ビル
歯科クリニック
丸の内永楽ビル歯科クリニック公式HP

引用元:丸の内永楽ビル歯科クリニック公式HP
(https://www.smiline.biz/)

費用

35~40万円

※平均相場40万円前後
治療方法 クリアコレクト
電話番号 03‐6273‐4020

公式HPを見る

丸の内
デンタルオフィス
丸の内デンタルオフィス公式HP

引用元:丸の内デンタルオフィス公式HP
(http://www.marunouchi-dental.com/)

費用

799,200

※平均相場80~100万円前後
治療方法 インビザライン
電話番号 03‐5220‐5501

公式HPを見る

クリア歯科
東京院
クリア歯科東京院公式HP

引用元:クリア歯科東京院公式HP
(https://www.yusinkai-tokyo.jp/)

費用

624,000円~

※平均相場80万円前後
治療方法 アソアライナー
電話番号 03‐3271‐5900

※上記の数字は1年間治療を行った場合の費用目安。1回の型取りで5万2,000円。通常は約1ケ月ごとに型取りし、平均治療期間は1~2年間。

公式HPを見る